私が結婚相談所に登録して婚活していた頃の体験談

私が結婚相談所に登録して婚活していた頃の体験談

私が結婚相談所に登録して婚活していた頃の体験談をご紹介します!(女性です)

当時、私は20代後半。

この年齢で登録した場合は「会って欲しい」と言ってくれる男性がとても多く、1回目にデートする男性は選び放題、という感じでした。

もちろん、客観的に見て条件が良かったり、ルックスが良かったりする男性と会うのは難しかったですが…。

結婚相談所なので、男性ももちろん女性を条件で選ぶわけで、「子供が欲しいから少しでも若い女性がいい」というのが本音のようです。

登録する年齢が上がれば上がるほど、女性にとって結婚へのハードルは高くなっていきます。

1回目のデートの前に男性にアピールできるポイントは、登録時に提出してある「写真」と「自己紹介文」です。

「写真」は、5割増くらいできれいに撮れているものを選びましょう!できれば自然な笑顔の写真が好感度が高いです。

もちろん、私もそうしました!

会った男性から「え~っ、だいぶ写真と違いますね!?」と言われたけれど、気にしない!

1回デートして、話をすれば、私を好きになってもらえる自信があるので、大丈夫!

どれだけ自信過剰なの!?って感じですが…1対1で話をすれば、内面の魅力は相手に伝わるものです。

「自己紹介文」も、男性、ちゃんと読んでいますよ。自分の言葉で、誠実に書きましょう。

デートする男性を選ぶときも、私は、「自己紹介文」を参考にして選んでいました。
例文まる写しみたいな「自己紹介文」を書く男性は、ダメです!読めばすぐわかります…。

そんな人は、仕事もできないと思うんです。

たどたどしくても、自分の言葉で書いている人の文章は、あたたかみがあり、人柄が伝わってきて、好感が持てます。

さて、実際にデートをしたとき。

二度と会いたくないなぁと思う男性っています。こんな人です…。

・自分が医者だから、公務員だから、デート相手には事欠かないと、私にアピールする人。

→よくいますよねっ!?その人自身に人間的魅力がないと暴露しちゃってるようなもんです。

・とても無口でほとんど話さない人。
→夫婦というものは、大事な局面でたくさん話し合いをして、ときにはぶつかりあって、危機を乗り越えていかなくてはなりません。無口な人はちょっと…。

・趣味のサークルに所属して活動しているので、結婚後も女性と会ったりすることになるが、それを許して欲しい、と言う人。
→この人は、何のために結婚するのでしょう?心が通じ合う前に、こんな話をする人は、きっと私を大切にしてくれないでしょう。

さて、悪い話ばかり書いてきましたが、もちろん結婚相談所で素敵な人に出会うチャンスはたくさんあります!

実際、私は結婚相談所で出会った人と結婚しましたよ。

今の夫の素敵だった点は、デートの約束をとりつける第一段階のアプローチで、電話やメールではなく、手紙をくれた点です。

その手紙の内容が、あたたかみがあって、とても良かったのです。

「手紙」って、結構、武器になりますよ!?

皆さんも、ぜひ「手紙」でアプローチしてみてください!心からお勧めします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です