乾燥だけは許さない!私の本気の乾燥対策について

乾燥だけは許さない!私の本気の乾燥対策について

まずは加湿器の設定

私はとても乾燥に敏感な肌の持ち主なので、我が家は全室に湿度計を付けています。気温より湿度が大切だと考えます。

湿度が低いと、喉はガラガラ、皮膚はパリパリ、風邪はひきやすくなるわと、よいことはひとつもないからです。

よって、加湿器は小型のものから少し大型のものまで、最低3つは我が家には備えてあります。

湿度計の湿度が異様に低い時は必ずスイッチオンです。

これにより肌が潤い、喉がやわらぐのが明らかにわかるのです。

次にすることはリップと保湿クリームの活用

加湿器は部屋全体の湿度を上げてくれますが、これだけではまだ乾燥対策としては足りません。局所的な対策が必要です。

そこで登場するのが、常時持参しているリップと保湿クリームです。

まず、出かけるときは必ず各かばんにリップは常備させています。これをつけるかつけないかで、唇の乾燥具合はまったく違います。

またリップは必ず就寝前にもたっぷり付けるのがお勧めです。それ以外に活用しているのは保湿クリームです。

これは少し高めのアロエ成分入りのクリームがよく効きます。

安いクリームはただベトベトするだけで乾燥対策にはなっていない気がします。

クリームは一日何度も塗り直し、肌が乾燥しないようにリップ同様、かばんには常備入れているアイテムです。

最後にすべきことはストレスを軽減させること

これはどういうことかというと、仕事や家庭のこと、また子育て関係のことなど、ストレス要因がいくつも積み重なると肌はそのストレスをもろに受けるようで、乾燥肌がより乾燥しているような気がするのです。

実際に、ストレスを感じていないときには痒くないところが、急に痒くなり、そこを掻くことでさらに乾燥肌の状況が悪化することがあります。

よって、ストレスは乾燥肌の大敵であるとみなします。

これを軽減させるために、深呼吸を何度もし、自律神経を整えることも大切です。

また、よい音楽を聞いてリラックス効果がもたらされるようにしたり、適度に運動をして汗をかくこともストレス軽減には効果がありますね。

特に運動をすると、汗をかいて新陳代謝もアップするし、保湿効果もアップするのがわかります。

つまり乾燥肌には適度なストレッチなども非常に効果が高いと思います。この他に、バランスのとれた食事をすることも大切です。

これは野菜やフルーツだけに偏った食事をするのではなく、きちんと肉や魚、卵などの蛋白も十分摂取し、体を温める食べ物(生姜関係、鍋物など)なども積極的に取り入れることが大切だと思います。

つまり、乾燥肌の対策は外側からだけでなく、体の内側からも行う必要があるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です